GIMPの動作環境スペックについて説明

無料ブログ比較 トクブロ

様々な無料ブログののレビュー、比較をしています。無料ブログを作る時に、自分に合ったブログを一目で探せるスペック一覧表付き。

ホーム » ツール » GIMPの動作環境スペック

GIMPの動作環境スペック

Pocket

gimp-specs
ご自身のブログに投稿する画像に一手間加えたい場合は、画像編集ソフトのGIMPが便利でコストを掛けずに使うことができるのですが、初めて利用する際には事前に確認すべきポイントがあります。

それはGIMPの動作環境スペックについてで、これはいずれもソフトを利用する際にも最初に確認すべき重要なポイントなのですが、GIMPの場合は動作環境スペックについてどのように指定されているのでしょうか。

まずGIMPを利用する際にはメモリを多く使用することになりますので、お使いのパソコンに搭載されているメモリの確認を行いましょう。

公式からは動作環境スペックについて具体的な内容についての指定がなく、安定して使用するためにメモリについては2GBほどあれば充分で、加えてインストールするために空き領域も確保しておく必要があります。

続いてハードウエアに関しては8bitのディスプレイ表示が可能な環境で、加えてCPUやビデオカードなどについても高性能であると作業がスムーズでより快適です。

また動作可能なプラットフォームについては非常に幅広くサポートされており、公式からはGNU/Linux、Apple Mac OS X、Microsoft Windows、OpenBSD、NetBSD、FreeBSD、Solaris、SunOS、AIX、HP-UX、Tru64、Digital UNIX、OSF/1、IRIX、OS/2、BeOSなどに対応していると紹介されています。

[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
最近の投稿